フェルトフィルターバッグ

革新的な解決策。明確な結果。

フェルトフィルターバッグ

特長

  • さまざまな独自開発メディアにより、卓越したろ過性能および高い安定性を提供します。
  • 標準および特注のサイズで幅広い用途に適合します。
  • プラスチックおよび金属製のリングが付属しているので、幅広い温度に適合します。
  • 溶着または縫製構造です。
  • ポリプロピレン製フェルトはFDA規格に適合しています。FDA規格に適合したポリエステル製フェルトも、ご要望に応じてご利用いただけます。
  • 交換が容易なのでダウンタイムが短縮されます。
  • コンパクトなので廃棄が容易です。
  • シリコーン不使用によりくぼみの発生を防止し、優れた表面を実現しました。
  • 混入物質はバッグの内側に捕捉され、より清浄な結果が得られます。
  • 釉薬処理により繊維の混入がなくなり、廃棄物が減少します。
  • より幅広い用途のために、複層バッグもご用意しています。

FSIには長年の経験があるため他社と比べて優位性があり、当社のフェルトフィルターバッグがそれを実証しています。総合的な技術および製造・品質における卓越した管理により、一貫した性能をお届け致します。当社では、まず最高の素材から始めます。FSIでは、フェルトフィルターバッグに使用するフェルト素材を社内で生産し、最高の品質を保証致します。長寿命フィルターバッグは、従来のフィルターバッグよりも優れたろ過性能をすべてのサイズの粒子で実現するとともに、標準的なフィルターバッグの最大2倍の粒子捕捉を提供します。

当社のバイパスのない溶着方式により、針穴から流体バイパスが発生することはございません。繊維の混入を抑制するために、各種の釉薬および繊維焼き処理を行っています。FSIでは、ポリエステルの基布入フェルトも提供しています。基布入りのフェルトには、フェルト素材の内側に縫い込まれた補強布が含まれており、強度と耐久性を向上させています。

仕様

使用可能な材質

  • ポリプロピレン
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • 高温
  • Teflon

最大使用温度

  • ポリプロピレン:200~220° F (93~104° C)
  • ポリエステル:275~325° F (135~162° C)
  • ナイロン:275~300° F (135~149° C)
  • 高温:400~450° F (204~232° C)

化学的適合性

マップの凡例:

  • Recommended for most conditions up to the maximum temperature of the material. 推薦
  • Fair. May be acceptable, but testing is recommended. まあまあ
  • No data available. Customer testing required. データがありません
  • Not recommended. 推薦できません

カタログ・資料

本製品に関連するカタログ・資料をダウンロードする (English file)

総合カタログをダウンロードする

ご注文方法

PDF形式で注文説明書をダウンロードする (English file)

販売代理店を探すか、 1.800.348.3205 にお電話ください。


バッグフィルターファインダー